コントロールセンターのメリットは何か

subpage01

プラントの稼働状態を知る方法として、制御盤が良く利用されます。

制御盤はプラントのそれぞれのシステムの状態を計器で確認できるもので、多くのプラントで使用されており、制御信号を一つのパネルに集約できるためその視認性にも優れています。

さらにスイッチ類なども合わせて制御盤の上に集約できるため、常時稼働しているプラントに於いては一カ所で集中的に複数のシステムを制御できるメリットもあり、多くのプラントで使用されています。

しかし、制御盤の場合には基盤が1枚で集約されていることが多く、制御盤自身が故障してしまうと一切の制御や確認ができなくなってしまう他、1つのシステムの故障が他のシステムに影響することが多いのです。



この欠点を補うために最近利用されることが多いのがコントロールセンタです。

朝日新聞デジタルの詳細情報となります。

それぞれのシステムの制御を1つのユニットに分け、これを複数ラックに組み込むことで制御盤の視認性とトラブルの場合の独立性を両立させている物です。



コントロールセンタの構造はシステムの制御をそれぞれのユニットで独立させるところに大きな特長があり、故障の際にはそのユニットを交換することで影響を関連するシステムにとどめています。
その為、プラント内の他のシステムに影響を及ぼすことなく修理ができるため、最近のプラントでは広く利用されています。


コントロールセンタは構造上プラントに与える影響が少ない上に総合的にプラント全体が管理できるものとして、非常に利便性の高い物と言えます。